ホーム マイアカウント お問い合わせ

梅乃宿 ゆず酒1800ml

2,838円(税抜)

販売価格

2,838円(税抜)

この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


酒蔵名 梅乃宿酒造
所在地 奈良県葛城市東室 27
原材料 柚子、日本酒、醸造アルコール、果糖
アルコ−ル分 8%

村の人達もこの旨みの虜になっています。

 蔵の庭にある樹齢280年の梅の古木に鶯がとまったことにちなんでつけた「梅の宿酒造」。もともと本当にいいお酒を造る酒蔵さんで、一時の新潟淡麗ブームといわれたときも、あえて「懐の深い旨口のお酒」をつくっていました。  旨口?淡麗?なんだソレなんていう方ももちろんいらっしゃると思いますので、少し説明しておくと「淡麗」というのは言い換えると「あっさり」つまり、お酒っぽくなくて水のようにスッとしたお酒のことを言うんです。10年くらい前の地酒ブームではこの「淡麗」なお酒が全盛で、水の如しなんてものを超えて、水じゃねえかってくらいうすーいお酒もありました。逆に梅乃宿酒造さんが目指す方向は正反対で、「お酒は水じゃないんだ、味わい深いほうがイイに決まってる」という強い信念の下、米の旨みを感じる余韻の長いお酒を造っておられます。  どちらがイイとかいう問題ではなくて、自分たちの得意分野はどちらなんだろうと判断し、強い決意で造ることが、私たちお酒ファンを魅了するんだと思います。歴史のある酒蔵さんですが、現在20代の蔵人が中心で、こだわりの梅酒など魅力ある新商品も造っておられます。 梅乃宿の持てる技術を十分に発揮し、日本酒蔵が造る「ゆずリキュール」に仕上げました。ゆず果汁をたっぷりと使用した爽やかな酸味と甘みをお楽しみください。

梅の宿 ゆず酒

梅の宿 ゆず酒

<梅酒屋さんからのコメント>

 ハイハイ〜、待ってました!見事にやってくれました♪「梅乃宿の梅酒」や「あらごし梅酒」なんかを世に送りだす梅酒界のスーパースター、梅乃宿酒造。酒蔵名にまで「梅」の文字が入ってるくらいですから、ココが造るものは間違いないんです。   そんな梅乃宿酒造からビッグニュースが!!なんと、今や大人気の「ゆず酒」を発表したんです。  早速、酒蔵にお邪魔し、発売前の「ゆず酒」をチビっと試させていただいたところ、「う〜ん、最高!」と唸りました。  四国のゆずと、梅乃宿の日本酒の相性がこんなに素晴らしいとは驚きです。ロックグラスに氷を浮かべて注ぐと、フワリとゆずの香りが立ち上がり、一口飲むとその優しい酸味と甘みにたっぷりと癒されます。  販売店限定、少量生産の貴重なゆず酒です。